釣りの事なら釣太郎

かぁくんさんからのLINE投稿

10月15日、午後2時過ぎから、みなべの地磯にてフカセ釣りです。

今日は曇り空で、風も弱く釣り日和です。

潮は澄み、波無し、風は西寄りの風弱い。
撒き餌は、ボイル1.5kgパラパラ。刺し餌もここから。
釣り開始すると、いきなりゴッツイ引き!
浮いてきたのはイズスミの50オーバー・・・
やわな竿ですが、切れなかったら案外浮いてくるものですね。
その後は木っ端グレの嵐。
あちこちポイントを変えたり、タイミングを変えたり試行錯誤。
結果、ちょっとマシなサイズが1枚上がりました。尾長の31cm。
それとシマアジも1枚かかりましたが、1枚きり・・・
夕方潮があげだし、いい雰囲気になってきましたが、木っ端と、
サンノジ、イズスミに遊ばれ、時間が過ぎ・・・
午後5時過ぎ、もう片付けないといけないな~と思いながらも粘ります。
すると挿し餌が残りだしましたので、棚を深く入れて行きます。
カワハギ、ネンブツダイ。もう終わりかと思いながらも、さらに1投。
仕掛けがなじんでから少し待ちました、ウキがゆっくり沈んで行きます。
合わすと、根掛かり!?と、一瞬思うも、魚信!魚です!
非常に重くて、まったく浮く気配がありません、数秒後に一走り!
一気に持っていかれ、まったく相手になりません・・・ 根魚系でしょうか?
何だったんだろう?と思いながらも、慌てて納竿。薄暗い中、足早に帰りました。
ボイルL1.5kg。
(竿:1号、道糸:2号、ハリス:1.5~1.7号、針:グレ5号、チヌ1~2号)