釣りの事なら釣太郎

メッキ・カマス・ソ-ダガツオ・タチウオ情報

メッキ情報

狙えるポイントは河口近くがベスト、堤防周りや磯周りにも居ています。

サイズは20cm前後が多いですが、晩秋になると30cm近くなり、

アジングロッドなどの柔らかい竿で釣ると非常に楽しめる。

基本動くものに反応するので、ジグやミノー、スピンテイル、バイブレーション、ワーム何でもOK。

オキアミでも釣れるので、マキエサを撒きながらのウキ釣りで狙うのもOK。

富田川、日置川、会津川、芳養川、みなべ川の河口は鉄板ポイント。

白浜の富田浜やみなべ岩代周辺やその他漁港周りも有望ポイント。

 

・日置川の河口で15~20cmがジグヘッドにワームで良く釣れています。

・白浜、富田浜ではジグ20gに良く掛かります。サイズは20cm前後

・田辺市江川漁港でも12cmのミノーに好反応

・田辺文里(もり)港でもルアーで良く釣れているとの事


カマス情報

フィシューターのカマスはベイトの寄りで釣果が変わります。

イワシの小魚がいる場所が狙い所。

「カマス底千匹」と言われるくらい、カマスは底にいて、1匹釣れれば1000匹居るというくらいの群れで移動しているので、

うまく群れに当たれば、入れ食いが体験できるでしょう。

カマスも動くものに反応するので、ルアー釣りでは、ミノーやジグ、バイブレーションが有効で、ジグヘッドにワームも効果的です。

エサ釣りでは、ウキ釣りにキビナゴをエサにする釣り方が、こちらご当地釣方の田辺流です。

他にジグサビキやカマスサビキなどの釣り方もあります。

 

 


ソーダガツオ情報

ソーダガツオは主に堤防で狙えるフィッシュイーターでマルソウダと呼ばれるもの。

掛かれば、カツオ独特の横走りで釣人を楽しませてくれます。

このソーダガツオも群れで移動するので、回遊はベイト次第な気まぐれな魚なので、

毎日釣れるとは限りませんが、朝と夕方はベイトを追って、湾内堤防へ入ってくる事が多いので、

狙ってみる価値ありです。

釣り方は弓角がついた「ヤマシタの遠投マウス」が一番。

投げて巻くだけの簡単操作。

カツオのケンケン釣りと理屈は同じで、トローリングのような釣り方です。

他にはオキアミを使ったカゴ釣りや、フローティングミノーにも良く反応します。

9/26

・9/24 田辺新芳養(はや)漁港で35~40cm カゴ釣り、オキアミ

・9/23 田辺元島堤防で36cm フカセ釣り、オキアミ

 


タチウオ情報

朝は日の出時刻の1時間前から日の出の後1時間まで

夕方も同じく、日没前後の1時間が最も釣れます。

ルアーなどのワインド釣りとエサ釣りの使い分けは、

この朝と夕方のマズメ時間帯は、タチウオの群れが大きく、

我先にとエサに飛びつこうとするので、ワインドやジグなどの動くものに反応しますので、

この時間帯は、ワインドが良いです。

その時刻をすぎると、タチウオの群れは分散するので、この時刻からは

エサを使ったウキ釣りやテンヤ釣りなどのスローな釣りが最適です。

タチウオのウキ釣りの場合は、鈎からウキ止めまでは、1~1.5ヒロが基準で、

活性の高い時は、もっと浅く、矢引きくらいのウキ下でも掛かります。

ワインドの場合は、まだ明るいうちは、中層~底狙い、1匹釣れれば、表層メインです。

ダートの連続でも構いませんが、喰わせの間を入れるために、フォールを多様して下さい。

9/26

・9/26 ここ数日はタチウオは不調の傾向、群れが分散している模様。

夕方からで10匹未満の方が目立ち、入れ食い状態ではないようです。

みなべ~白浜の田辺湾に面する堤防ではどこでも釣果が確認されています。

・9/25 みなべ堺堤防で夕方ウキ釣りで4匹 キビナゴ

・9/25 田辺江川漁港で夜20時からウキ釣りで3匹 キビナゴ、サンマ

 

 


 

 

 

秋の堤防ライト・フィッシング(カマス・メッキ・タチウオ)

 


カマスのウキ釣り仕掛

田辺新芳養(はや)堤防での場合は、遊動仕掛の棒ウキでエサをキビナゴにして狙います。

1号のウキに1号のオモリ、ハリスは4号1ヒロ、カマス鈎15~16号、ハリスの真ん中に仕掛けを馴染ませるためにガンダマを打ちます。

ウキ下は3~4ヒロ

キビナゴは小粒サイズです。


カマスについて

田辺芳養(はや)漁港で釣れるカマスには、3種あります。

ヤマトカマス、赤カマス、タイワンカマス

 

簡単な見分け方は

ヤマトカマスは、第一背ビレと腹ビレがだいたい同じ場所。

別名が水カマスといい、脂分がすくなく、非常に淡白な味で、干物に向きます。

 

アカカマスは、本カマスというくらいで、カマスと言えば、このアカカマスのこと。

第一背ビレは腹ビレよりも後側にあり、側線以外に、黄色い線が1本あります。

天ぷらや刺身でもGOODな味。

 

タイワンカマスは、アカカマスに似てて、側線以外に線が2本

アカカマスよりもでかくなります。

味はヤマトカマスよりも劣ります。

 

あともう一種オニカマス(バラクーダ)がありますが、

これは模様も違いますし、顔つきが危なそうな顔です。

普通のカマスは顔つきがかわいらしいので、

怖そうな顔つきのカマスが釣れたら、シガテラの危険もあるので、

海に返してあげましょう。