釣りの事なら釣太郎

堤防からのチヌ紀州釣り【秋の数釣りシーズン】

9月から11月までの秋から晩秋までは、チヌの数釣りが楽しめます。

釣れるサイズは、30cm前後が多く、中に45cmや50cm近いのも混じりますが、

小型~中型サイズがメインで、

春は大型、秋は小型という感じです。

チヌ釣りの中でもゲーム性があり、一見難しそうに見える紀州釣りですが、

今の時代は、簡単に理想的なダンゴが作れるようになっていますので、

是非、チャレンジしてみましょう。

入門するなら、秋が一番です!

半日で5~10枚は簡単にチヌが釣れますよ~

ここでは、寝ウキを使った紀州釣りを紹介していきます。


必要な道具

・竿0.6~1.5号 5m前後

・リール 磯で使うものでOK 2~3000番クラス

・道糸 1.75~2号 フロートのタイプまたは、セミサスペンドのタイプが良い

・タモ

・クーラー

・水汲み

・イス クーラーに座ってもOK

 

・ハサミ

・魚バサミ(ゴンズイやアイゴなどの毒漁も釣れるので)

・針はずしのプライヤー(チヌの閂に掛かると、手で鈎を外すのは一苦労)

ウキは寝ウキを使いましょう。

短いのと長いのがあればOK。

・オーナー ウキ止めウーリー (シモリ玉を使わないので、このウキ止め必須)

・からまん棒 (寝ウキとハリス部分が絡まらないようにするため)

・インタースナップNTパワー (寝ウキを取り付けるもの)

・サルカン (道糸とハリスを結びます オモリを使わない釣りなので、仕掛けを安定させるためにもサルカン使用しましょう)

・ハリスは1.5号を基本に1.75号、2号まで用意しましょう。

・鈎はチヌ鈎の2~3号 主に2号です。

・鈎の結びが苦手な方は、結んでいるハリスでもOK

仕掛けはこの画像を参考にして下さい。

 

エサの準備

初めてやってみるなら、マルキューの波止ダンゴチヌがオススメ。

少しくらい、水分量を間違っても、ちゃんとダンゴがまとまります。

1袋が3キロ入りなので、だいたい4時間分くらいなので、

朝から昼前くらいまでするなら、2袋準備しましょう。

アミエビは1キロあれば十分です。

エサトリを寄せてしまうという考えもありますが、エサトリも寄せないとチヌも寄りませんし、

チヌが来れば、エサトリは散ります。

サシエサはオキアミをメインに、コーンとさなぎを用意しましょう。

 

 

ダンゴの作り方です。

なるべく水分は少なめに仕上げましょう。

理想はパサパサのダンゴで、握り終わったら、

手のひらについたダンゴが、手ではらえば、簡単にきれいになるくらいです。

 

 

ここから寝ウキを使った紀州釣りの実践です。

この釣りで一番大事なタナトリです。

最初はだいたいでいいので、2ヒロや2.5ヒロくらいの目安を作って、ウキ止めを調整してください。

紀州釣りではタナトリオモリを使わずに、ダンゴでウキ下を調整します。

このダンゴもマキエサになるためです。

鈎にエサをつける必要はありません。

この動画の場合は、ウキのトップ部分が少し水面下に見えているので、

まだ、ウキ下が足りない状態なので、ここから20cmウキ止めを深くします。

 

まだ慣れないうちは、ダンゴが底について、ウキのトップが水面に出るくらいのウキ下に調整しましょう。

慣れてきたら、潮の流れやサシエを底に這わせるために、もう少し、ウキ下を深く取ります。

その場合は、ダンゴが底についても寝ウキは寝たままになりますが、

潮の流れでウキが引っ張られれば、ウキにダンゴの重さが掛かり、ほんの少し、ウキが立つ様な動きになります。

また、ダンゴが割れていく時には、泡が出ますので、ダンゴの割れ時間の目安にもなります。

 

 

タナトリが終わったら

サシエサをつけて、ダンゴを投入します。

オキアミの場合は、頭を取って、胴から刺しましょう。

コーンは根元の方に鈎を刺して、さなぎは鈎が隠れるようにしましょう。

鈎先が出ても問題ありません。

 


ダンゴ投入後からの映像

寝ウキが沈んだまま→ダンゴが付いている

ダンゴが割れる→寝ウキが寝る

チヌがエサを咥える→寝ウキが少し立つ

チヌがそのまま走る→寝ウキが沈む。

 

合わせのタイミングは、寝ウキが立った時点でOK。

それで掛からなければ、タイミングを遅らせて、ウキが沈んでからにしましょう。

秋チヌの場合は、一気にウキが入る事が多いので、難しく考えなくてもOKです!

 

 


堤防用 紀州釣りのマキエ

どれを使おうか迷ったら、マルキューの波止ダンゴチヌまたは、ウキダンゴX

ちょっと慣れてきて、サナギ粉や激荒なども混ぜたくなってきたり、

早くダンゴを沈めたい時は、紀州パワー、紀州マッハで。

昔からあるハマイチの紀州釣りは、カキガラと砂とヌカだけのシンプルな構成です。

お好みで、アミエビやさなぎを混ぜていきましょう。

中級者向きです。


紀州釣りのオススメ釣場

紀州釣りは、海底はフラットな地形で、主に砂地の場所が釣り易いです。

どの釣場が砂地の堤防かと言うと、北はみなべ町の岩代堤防から

南は、白浜町の見草漁港までどこでもOK。

その中でも、足場がフラットで、あまり堤防の高さがなく、

チヌの実績が高い場所をご紹介。

 

・みなべ森の鼻堤防 

http://www.tsuttarou.co.jp/maps/minabe/morinohana.html

・みなべ堺堤防

http://www.tsuttarou.co.jp/maps/minabe/sakai.html

・田辺 新芳養(はや)漁港、旧芳養漁港

http://www.tsuttarou.co.jp/maps/tanabe/haya.html

・田辺 江川漁港

http://www.tsuttarou.co.jp/maps/tanabe/egawa.html

・田辺 湊浦、文里(もり)港周辺

http://www.tsuttarou.co.jp/maps/tanabe/mori.html

・白浜 ホテル川久さん周辺

http://www.tsuttarou.co.jp/maps/shirahama1/tsunashirazu.html

・白浜 袋漁港

http://www.tsuttarou.co.jp/maps/shirahama3/fukurobay.html

・白浜 見草漁港

http://www.tsuttarou.co.jp/maps/shirahama3/migusa.html


竿とリールさえあれば、あとは当店で釣り道具、エサが揃います。

9月から11月いっぱいまで、紀州釣りが楽しめますので、

是非、お越し下さい。