釣りの事なら釣太郎

堤防からのコロダイフカセ釣りマニュアル

仕掛け パターン1

足場の良い提防で、タモを使って難なくコロダイをゲット出来る釣り場

コロダイ65cmくらいまで

 

・竿2~3号 5m前後

・道糸5~6号

・ウキ止めの糸(タナボケを防止するため、2個つけましょう)

・テーパー式シモリ玉(大)

(↑中サイズは道糸6号までOK、大は15号までOK)

・リチウム電池の電気ウキ1号

・からまんホタル(中)

・タル付きオモリ0.8号

・ハリス5号

・ガンダマ浮力の調整用 G2

・インブライトマダイ9号

※中エビを使う時は、鈎12号を使いましょう。


仕掛けを作る時の注意点です。

・ウキ止めの糸は緩まないようにしっかりと結びます。

保険の意味で、もう1個つけて、ウキ止めを2個にしましょう。

コロダイ釣りでは、タナの設定が重要です。

・ウキの浮力設定はシブシブにせずに、ぽっかり浮くぐらいが見やすくて良いです。

あまりに電気ウキが明るすぎる時は、使いかけの電池に交換して照度を下げる方法もあります。

・タル付きオモリは、サルカンになっている方に、ハリスを結んで下さい。


 

仕掛け パターン2

足場の良い提防だが、大型コロダイの実績があり、船の係留ロープや

足元にスリットがあり、取り込みに強引さが必要な釣り場で

エサにイカやイワシ、キビナゴも使ってみたい方

 

コロダイ70オーバー、コショウダイ70オ-バー

 

・竿3~4号 5m前後

・道糸8~10号

・ウキ止めの糸(タナボケを防止するため、2個つけましょう)

・テーパー式シモリ玉(大)

(↑大は15号までOK)

・リチウム電池の電気ウキ2号

・からまんホタル(中)

・タル付きオモリ1.5号

・ハリス8~10号

・ガンダマ浮力の調整用 B

・コロダイ・タマミ20号


仕掛けを作る時の注意点です。

・コロダイタマミ20号の鈎1個の重さは0.6gです。

1号は3.75gです。

2号のウキを使用時で1.5号のオモリの残浮力は0.5号分

0.5号=1.87g 鈎の重さ0.6g

これにエサの重さが追加されますので、大きなエサを使う場合は、

ウキを3号または、オモリを1号や0.5号などで調整をして下さい。

・ウキ止めの糸は緩まないようにしっかりと結びます。

保険の意味で、もう1個つけて、ウキ止めを2個にしましょう。

コロダイ釣りでは、タナの設定が重要です。

・ウキの浮力設定はシブシブにせずに、ぽっかり浮くぐらいが見やすくて良いです。

あまりに電気ウキが明るすぎる時は、使いかけの電池に交換して照度を下げる方法もあります。

・タル付きオモリは、サルカンになっている方に、ハリスを結んで下さい。


夕方からの短時間釣行パターン

夕方から21時22時くらいまでの釣りです。

ダイワの爆増チヌは、量が増えますので、長く使えて、

比重も重く、堤防での使用にぴったりです。

夜中まで釣りをする場合は、ボイルを3キロにしましょう。

この組み合わせは集魚力はかなり低めなので、

ちょっとさみしい方は

イワシ粉末を入れて下さい。

 

 

 


朝までの長時間(最強集魚力と最高比重のマキエパターン)

こちらの組み合わせ5000円を超えますが、

集魚力と比重は、どのメーカーの組み合わせよりも最強です!

配合剤だけで8キロあり、朝まで撒き続けれます。

爆寄せダンゴはチヌのイカダ釣りで主に使用されますが、

新MP酵母配合で摂食と集魚はピカイチ!

その分、お値段も高いですが。

激重は海底にポイントをしっかり作っていきます。

どの配合剤よりも比重が重いです!

 


鈎につけるエサ

サシエサの定番品です。

中エビやホタルイカも最近は定番で持っていかれる方が増えています!

こちらのエサもオススメです!エサ自体が若干重めなので、ウキの浮力を考えないといけません。


エサ混ぜ

なるべく釣り場へは、ゴミを持って行かないように、

釣太郎でエサを混ぜてから行きましょう。

※ボイルと集魚材を混ぜる時は、

先にバッカンまたは、エサ混ぜ箱にボイルを入れて、

海水を足し、ボイルに水を吸わせてください。

その後、集魚材と混ぜるとボイルが海面に浮かなくなります。

これをしないと、ボイルの水分が集魚材に吸われて、

ボイル自体が浮いてしまいます。

海底にボイルを届けないと、意味がないため、

この作業は重要です。

ボイルは半解凍では無く、全解凍を指定しましょう。

水を吸わせた後に、集魚材と配合します。

多少水分が多いくらいで、構わないです。

暑いので、すぐに乾いてきますので。

サシエサもエサ箱に入れて、ゴミが出ないようにしましょう。

 

※中エビなどの海産エビは変色防止剤が入っていませんので、

常温になると黒く変色してきます。

クーラーで保管し、使う分だけ小出しにしましょう。

 


コロダイ釣りに行く前に忘れ物がないかをチェックしましょう。

・竿(予備の竿必要) 以前、元島の堤防で竿ごとひきづりこまれて、竿がなくなったことあり。

・リール

・ウキ止め糸

・シモリ玉

・ウキ(予備も含めて号数違いで必要)

・からまんホタル(予備必要)

・タル付きオモリ(予備も含めて号数違いで必要)

・ハリス(5号~10号)

・鈎(オーナーインブライトマダイ9~12号、ササメ コロダイタマミ18~22号)

・クーラー

・氷

・バッカン

・シャク

・水汲みバケツ

・サシエサ箱

・タモ5~6m

・ナイフ(絞める時用)

・ハサミ

・ヘッドライト(予備必要、電池も)

・ケミホタル100(エサ箱を照らすため)


夜釣りに出かける際の注意点。

1、単独(1人)での釣行はなるべくしない。

2、天候などを事前に調査した上で釣行計画を立てる。

3、荒天時の夜釣りは湾内の堤防にする

4、照明機器(ヘッドライト)などの電池は予備を必ず用意する。

5、夜釣りではヘッドライトで海を照らすなどは極力避ける。

6、ライフジャケットの着用は基本、携帯電話は水没しないように、パックに入れておきましょう。

以上、基本的な夜釣りでの注意点を挙げました。

まだまだ細かく挙げていけば沢山あるのですが後々に勉強していきましょう。


 

・夜釣りに慣れたらヘッドライトマナー(過去記事より)

まず肝心で、初歩的なことですが夜釣りというのは夜がいいから狙いに行くんだとおもいます。

そこに人工的なライトを海に向けて照らすと夜に釣りに行く意味が無くなります。

ライトつけっぱなしでするのなら昼釣りをすればいいのでは?

夜の魚は人工的な光を極端に嫌います。

ここら辺を踏まえて夜釣りでのライトマナーを知っていきましょう。

 

ここで夜釣り初心者の方に贈る夜釣りでのワンポイントアドバイスです!

月夜と言って満月周りでの夜釣り。

闇夜と言って新月周りでの夜釣り。

どちらが夜釣りに向いていると思いますか??

イカ釣りなら月夜周りがいいのですが、イサキ・コロダイなどは闇夜がオススメ!

アミエビを多様する夜釣りでは真っ暗な海に光るアミエビが撒かれると目立ちますよね?

月夜の中でアミエビを撒いても月の光によって目立ちにくいのです。

闇夜の中で光るアミエビを撒き寄って来たイサキや対象魚は目と嗅覚を凝らしてマキエサを捕食するわけです。

そんな中、釣人のヘッドライトがぱっと海面を照らしてしまうと魚達は激しいフラッシュをたかれた様になりません?

夜の磯で他人にライト照らされてまぶしいな~~と思うことありません?それと一緒ですね。

ましてや人間と違い真っ暗な海で泳ぎまわる魚は目がいいに決まっています。

人工的な光は魚に警戒心を与えてしまいます。

常夜灯はずっと毎日同じ所で同じ時間帯付いたままなので魚にとっては別に問題はないのですが。

闇夜は魚が集まってきやすい分、釣人のヘッドライトはマイナス要素になるのです。

赤いライトや光量の小さなライトを使用する、海の近くでは極力つけないように明るい時間帯に足場を固めておく、

ケミホタル100などのぼんやり光るものを足元周りやバッカン付近に置いておくなどし、安全に魚釣りを楽しみましょう。

毎年のライト照らされたなどでの釣り人同士のトラブルは後を絶えません。(喧嘩になり、警察沙汰になることもあるようです・・・)

このブログを拝見してくれている初心者の皆様は夜釣りでのマナー、夜釣りのポイントを把握できたかと思います!

夜釣りは出きるだけ2名以上で行きましょうね!

何かあった時に、1人では対処できないことがありますので。


実釣

現地へは明るいうちに到着しましょう。夕方の5~6時くらいが暑さも和らいで来るので釣り易いです。

まずは最初にマキエサを撒きましょう。

エサトリを含めて寄せていきます。

持ってきたマキエの1/5くらい撒くつもりで、

撒きまくってやりましょう。

その後、仕掛を作っていきます。


仕掛作り

・うき止めはしっかり結びましょう。

2個ウキ止めがあれば、1個がほどけても、もう1個あるので安心です。

・鈎はすっぽ抜けしないようにしっかりと絞め込みましょう。

・ハリスは1ヒロ~1.5ヒロくらいで良いです。

・電気ウキ、ヘッドライトが作動するかを確認しましょう。

・ウキの浮力を調整しましょう。


棚取り(ウキ下設定)

・堤防の釣りでは、タナトリが重要です。

コロダイの口は下を向いているので、自分より上の層にあるエサを

基本的にはあまり追いません。

活性が高い時は、中層まであがりエサを探しますが

基本は底です。

コロダイはエサを吸うようにして食べるのが特徴

タナトリのオモリを使用して、

鈎の位置が海底すれすれ、またはほんの少し這わせるような感じで、

ウキ下の設定をします。

この際、足元、竿下、竿1本前、2本前とタナトリおもりをつけて、

水深を探ります。

少しでも変化のある場所をポイントにします。

駆け上がりになっていたり、底岩がある場所などが良いです。


仕掛投入

 

ウキ下が海底に合っているようにして、マキエサが溜まっているであろうポイントに

仕掛けを投入します。

ネンブツダイ系の魚が来れば、棚がちょっと浅いので、深くしましょう。

コロダイの棚で当たってくる魚は、チヌ、ヘダイ、アナゴ、ゴンズイです。

ボイルエサの場合は、ゴンズイがしつこくなりますが、コロダイが近寄ればいなくなります。

ボラは棚関係なく、夜中にでも掛かってきます。

ゴンズイは底うねりの強い日(台風波がある日)に活性があがります。

あまりにしつこい場合は、エサをボイルから中えびや魚の切り身などに替えてみましょう。

 

まったくエサが取られない時は、マキエのポイントからずれているか、

ウキ下がボケてしまっている、または

その場所自体の潮が悪く、魚が寄って来ない場所なのかもしれません。

横に10m移動するだけで、展開が変わることもあるので、

まったくエサを触りにこない時は、試してみましょう。

ウキ下はタナトリをして、海底に合わせていくようにしましょう。

大潮の日は、干潮と満潮の6時間で1m50cm以上水深が変わります。


コロダイのウキアタリ 合わせ

コロダイの捕食シーン集

コロダイのウキアタリは、最初はモゾモゾとウキが動いて、

しばらく待つと、ウキがゆっくり沈んでいくアタリが多いです。

上の捕食動画を見ても、エサの食い込みは躊躇無く吸い込み、

軽く反転し、泳いでいます。

ウキがゆっくり沈んでいくのは、このエサを吸い込んでからの

反転して泳いでいくタイミングです。

ウキが沈んでいき、一呼吸二呼吸くらいしてから、大きく合わせましょう。


コロダイとのやりとり

60cmを超えると、なかなかの引き味になります。

引き方は断続的な、竿のたたき方で

足元に突っ込んでくることもあります。

竿をたてずに、45度くらいに角度にして、

竿を曲げてやると、竿の反発で魚が浮いてきます。

水面に浮かせて、空気を吸わせてやると、あとはおとなしくなりますので、

タモですくいましょう。

コロダイは少数の群れで移動するので、2匹目をすぐに狙いましょう。


コロダイの夜釣りで重要なことをおさらい。

・ヘッドライトは海面に向けない、当てない。

・ウキ下の設定はシビアに行なう。

・チヌ系の集魚材など比重の重い配合を使う。

・ボイルオキアミが浮かないように、海水に浸してから集魚材と混ぜ合わせる。

 

これであなたもコロダイマスターです!