釣りの事なら釣太郎

堤防からのソーダガツオシーズンです!

真夏から秋口にかけて、ソーダガツオが堤防や磯に回遊してきます!

和名をマルソウダ、

地元ではスマ~、またはスマガツオ、マルゾマ、テッポウなどと呼びます。

このマルソウダは似た魚にヒラソウダというのがあります。

【ソウダガツオ】ヒラソウダとマルソウダの違い 和歌山で釣れる魚見分け方ご紹介 釣太郎

【ソウダガツオ】ヒラソウダとマルソウダの違い 和歌山で釣れる魚見分け方ご紹介 釣太郎

マルソウダは血合いが多く、生食するとヒスタミン中毒の危険性があるので、

加熱して食しましょう。

反対にヒラソウダは、とても美味しい魚でお刺身は絶品です。

どちらも足の早い魚なので、氷の効いたクーラーで血抜き保管が必須です。

堤防に回遊してくるのはマルソウダの割合が高いです。

堤防からソウダガツオをゲット!

堤防からソウダガツオをゲット!

このマルソウダ引き味が強く、竿も良く曲がるので

人気の釣りです。

 

海面を波打つソウダガツオ(スマガツオ)の群れ これを海釣り用語でボイルといいます 和歌山 釣太郎

海面を波打つソウダガツオ(スマガツオ)の群れ これを海釣り用語でボイルといいます 和歌山 釣太郎

イワシやキビナゴの群れに付くことが多く、

堤防からでもナブラに出会えることも。

動画は田辺市の新芳養漁港です。

 

・ライトショアジギング

釣り方はルアー釣りが簡単で楽しめます。

20~30gのジグで、竿をしゃくりながらリールを巻くだけです。

エギングの竿でも十分楽します。

PE0.5号以上、リーダーは3~5号程度が目安です。

 

・ジグサビキ

メタルジグにサビキがついたジグサビキセットもあります。

こちらも投げて巻くだけの簡単操作です。

エギングの竿でも十分楽します。

PE0.5号以上、リーダーは3~5号程度が目安です。

 

 

・カゴ釣り

オキアミをエサにしたカゴ釣りでも

狙えます。

道糸は4号、ハリスは2号以上で

鈎はグレ鈎5号~7号が

使いやすいです。

マキエサはオキアミとグレパワーなどの配合材を混ぜたものが一般的です。

道糸は4号

 

・狙える場所

狙える場所は堤防ならだいたいどこでも狙えますが、

潮の通りの良い堤防が回遊が期待出来ます。

実績が高い場所は、田辺市の文里港周辺や芳養漁港周辺、天神崎周辺です。

 

 

・釣れる時期

7月から10月頃までで、堤防で釣れるのは30~40cmのサイズ

 

・時間帯

朝の時合が特によく、夜明けから朝8時ごろまでは

潮に関係なく良い時間帯です。

 

・釣った後は血抜きをして、氷の効いたクーラーで保管します。

ソウダガツオの首を折って〆る

ソウダガツオの首を折って〆る

 

・食べ方

茹でて、節にし、醤油やマヨネーズで食べる方も。

塩焼きや煮付けにも可。

生食は控えるようにしましょう。

 

↑ 田辺 文里(もり)にて

↑ 田辺 内ノ浦にて

↑ 田辺 新芳養(はや)にて