釣りの事なら釣太郎

堅田のイカダのシステム 【梅雨グレ釣り】

・乗船システム

前日の夕方16時半から、整理券代わりの優先札が堅田漁協の事務所に置いているので、取りに行きます。

先着順です。1番から8番くらいまでの優先札が用意されています。

6番目までに札を取れれば、ボラ筏のグレが釣れているところに間違いなく乗れるという具合です。

朝にしか来れない場合は、優先札が出払っている場合もあるので、余っている筏になる可能性もあります。

とにかく早く現地へ行くことです。

 

グレが釣れているのは、ボラ筏1番から6番

1つの筏は2人乗り、多少無理すれば3人でもOK。

当日は出船時間の30分前から、事務所が開きます。

優先札1番から受付を開始、券売機で渡船券を購入4300円し

乗船名簿を記入し、希望の筏を伝えます。

弁当の有無も受付で済ませます。

 

乗船場へ荷物を持って移動します。

 

船に乗って、筏へ乗ります。

 

弁当船は9~10時

 

見回りは12時から1時間おきで最終16時

・エサ

サシエサはネリエサやアオサです。現地の筏にも多少生えているようです。

サバが多いので、オキアミは瞬殺・・・。

 

 

マキエサは、重いもので、海苔配合(のりグレやめっちゃ海苔で~)を紀州釣りのダンゴエサに混ぜていきます。

アミエビも混ぜます。

グレが出てくるのは3~5ヒロの所で、海面から中層までは、サバがびっしりいるので、

固め、重めに作ります。

杓で撒かずに、手で握って落とし込むようにします。

 

養殖イケスのアミに生えているアオサを食べに無数のグレがいています。

濁っていなければ、目視でも50cmのグレが見えます。

 

・タックル

通常の磯釣りで使う竿 1.75~2号 5m

道糸2.5~3号

ウキ3B~5B 1号

ハリス2.5~3号 2号は切られます。

ハリ グレ鈎7号

 

・スカリやクーラーなど

釣れるグレが45cm平均なので、小さいクーラーはすぐに満タンになり、スカリもすぐにいっぱいになるとのこと。

船釣り用の50リットルクーラーを持って行き、釣ったらすぐに絞めて、氷漬けにする方が良いです。

 

・脂がよく乗っていて、食べてもおいしいとのことです。

 

・梅雨の間しか釣れないので、早めに釣行されるようにお願いします。

※アオサ以外のエサはすべて揃います。