釣りの事なら釣太郎

地磯情報 「かぁくん」LINEレポーター

 

24日、午前5頃から午前11頃まで、田辺の地磯にてフカセ釣りです。
前回、前々回と同じポイントです。
潮は澄みきってます、潮の色も良いように思います。
波は無し、風は東から南東の風弱い。
撒き餌は、前回と同じで、アミエビ2kgに年代物のサナギと麦少々。
刺し餌には、ボイルレンガ。
潮の色も前回と全然違い、いい感じです。
期待して釣り開始するも、やはりエサ取りは無し。
エサの入っていないポイントですので、寄るまで多少は時間かかりそうです。
午前7時頃、やっと浮が沈みました。
ガツンと竿に重みが伝わります。
チヌですね。40後半のチヌがやっと喰ってくれました。
これも乗っ込みではなさそうです、今年はもう乗っ込み終わったのでしょうね。
その後もエサ取り無しで、刺し餌が残ってくる状況ですが、試行錯誤しながら
回ってくるのまちで、辛抱に打ち返します。
午前9時半頃、久しぶりに浮がゆっくり入っていきます。
軽いので何かと思ったら、チヌでしたね。30後半の綺麗なチヌです。
その後、ボラの4連続ヒットで腕が疲れ、気持ちも・・・
午後11時頃納竿です。
結果、2枚釣れたので、まあ楽しめました。
ボイルレンガ、アミエビ2kg、サナギ900g、麦。
(竿:1号、道糸:2号、ハリス:1.5号、針:チヌ2号)