釣りの事なら釣太郎

チヌのフカセ釣り仕掛と釣り方(全遊動バージョン)

チヌの全遊動仕掛は、マキエサと同じ速度で、サシエサを落としていく釣り方です。

全層を釣ることが出来ます。

アタリは、道糸に出ます。

できれば、道糸をフカセ釣り用のPEライン0.8号を使って頂くと

よりアタリが明確になります。

また、横風を受けるような時でも、水面下5cmウキが沈んでいるだけでも、

仕掛がずれ難いです。

基本的に1.5号クラスのハリスを使用すると、3ヒロほど仕掛けが入ったところで、

0ウキでもゆっくりと仕掛の重さで沈みます。これを「しもる」と言います。

 

この場合のマキエサは、比重の重いチヌ専用集魚材を使用して下さい。

波止釣りでは、オキアミ1.5キロにつき、集魚材2袋(約6キロ)が半日分です。

オキアミは原型がなくなるまで、刻んで下さい。

集魚材は先に、集魚材同士を混ぜ合わせてから、刻んだオキアミと混ぜます。

グレ釣りとは混ぜ方が違いますので、ご注意。

マルキューの激荒はサシエサにも使えます。これも半袋混ぜましょう。

 

現場についたら、仕掛を作るよりも、まずはマキエサを釣り座から160度の範囲で

シャク30杯分撒いて下さい。

それから仕掛を作ります。

 

仕掛がある程度組みあがったら、再度マキエを巻きます。

さっきよりも角度をしぼって、釣り座から60度範囲に20杯撒きます。

 

準備が出来たら、仕掛を投入します。

マキエは後打ちで構いません。

仕掛の上から被せて下さい。

 

とにかく、最初の魚1匹が釣れるまで、フグでもベラでも釣れるまでは、

毎投5杯ずつ撒きましょう。

何か釣れれば、3杯に減らします。

フグがずっと釣れる時も辛抱に釣り続けて下さい。

チヌが寄ってきたら、フグは来ません。

サシエサが残ってきたらチャンスです。

 

サシエサはオキアミ、ネリエサ、激荒のサナギ、コーンがオススメです。

チヌはエサのローテェーションが有効で、サナギとコーンを刺したり、

オキアミとコーンを刺すような合わせ技もオススメです。

 

ウキの位置から、竿先までの道糸は常に直線になるようにラインメンディングが必要です。

弛み過ぎているとアタリが分かりません。

これをナイロンラインとPEラインで比較してみると、ラインメンディングのしやすさが天と地ほど違いがあるのが分かります。

試してみて下さい。

 

どこまで仕掛けが入っているか分からない時は、オーナーのウキ止めウーリーを使いましょう。

チヌの円錐ウキの穴をウーリーは通りますので、ウキにストップが掛かりません。

ウーリーを鈎から4ヒロの所に結んでおけば、仕掛の入っている目安になります。

馴染みが遅ければ、鈎の上30cmから50cmくらいの所にガンダマG5くらいをうってみましょう。

 

 

仕掛も入って、ウキもシモッってもアタリがない時は、

誘いを入れます。

おそらく仕掛は斜めになっていて、ハリスは海底付近を少しだけ這っているはずです。

竿を立てて、ウキを引き上げると、それだけで誘いになります。

 

ここ田辺、みなべはチヌに宝庫、グレ釣りの延長線でのチヌ釣りはいまいち釣果が出ません。

チヌ専門に狙ってみませんか。

 

今回はチヌフカセ釣り全遊動バージョンを書きました。

今後、チヌフカセ釣り半誘導仕掛、自立棒ウキ仕掛、紀州釣り仕掛、さなぎ浮かせ仕掛と釣り方を載せていきます。