釣りの事なら釣太郎

同じ魚種(チヌ)でも色が違うのはなぜ? 和歌山釣太郎

生息している水深が浅く日光が当たるので黒っぽくなる。
食べているものが違うから。
薄い方が居つき、濃い方は外から入ってきたものと言われています。チヌ(クロダイ)、イサキ、グレ(メジナ)等々。

 

同じ魚種(チヌ)でも色が違うのはなぜ? 和歌山釣太郎

同じ魚種(チヌ)でも色が違うのはなぜ? 和歌山釣太郎